TOKYO

  • 空色のアトリエ
  • 会場:1F 101 アトリエ

杉本佳世(LIYLIESANG)
切り絵でつくる
鯉のぼりワークショップ

アートナイフを使って下絵にあわせて紙を切ります。絵を描くように切り抜いて色を塗るように裏から色紙で着色します。複雑そうに見えますが最もシンプルな技法のまっすぐ切る、緩やかなカーブの繰り返しで美しい模様が現れます。さらにちぎった色紙を裏から貼ればカラフルな作品の出来上がり。今回はこどもの日にちなんで、第一部は『切り絵でつくる鯉のぼりブックマーク(しおり*持ち帰れます)』、第二部は『切り絵でうろこをつくって世界にひとつのおおきな鯉のぼりづくり』の、二部構成で開催します。

開催時間:11:00〜/14:00〜
所要時間:90〜120分
参加費:¥1,000
※ハサミ、ナイフをつかうワークショップのため、10歳以下のお子様は要保護者同伴
※申し込みフォームより要事前予約(各回15名)
※4/11(土)のみの開催
受け付けを終了しました。当日参加についてはお問い合わせください。

杉本佳世(LIYLIESANG)
切り絵作家。大阪生まれ/東京在住。1992〜2004年までイギリス滞在。2015年3月、原宿ギャラリールモンド個展開催。子供から大人まで幅広いジャンルで切り絵ワークショップを開催中。紙をきることで力強く、かつ繊細なラインを生み出し、様々な素材で色を入れ切り絵の概念を超えたカラフルで立体的な作品を作っています。